So-net無料ブログ作成

Kのメモ MAY 7,2016 [店雑記・Kのメモ]


Mhimekoban160505-2.jpg
物植いろしもお

カラスビシャク(烏柄杓)

アプローチサイドでカラスビシャクをみつけます。
初夏の野生植物ですが今年は少し早そう。
「わたしも花よ」とでもいってるかのようで、パチッとおさめます。

Mkarasub160505.jpg


Mkarasub160505-4.jpg

カラスビシャクはカラスが飲むぐらいの柄杓の大きさ、形状から名付けられたようですが、
「烏」「勺」の字源を調べると、カラスビシャクの形に似る共通点をみることができます。(A)
また、葉は3小葉ですが(B-1)よくみると変形したかのような葉に仏炎包から先の形状に
似る形(B-2)をみることができおもしろく、

Mkarasub160505-5.jpg

「かえちゃん葉もクニャとしてるよ」というと、
「おもしろい」と驚いていました。
Mkaeko1121.jpg
...............................................................

ヒメコバンソウ(姫小判草)

シロバナサクラタデの茂みに沿いみつけます。小穂は三角状卵形、長さ4㎜位。

Mhimekobznsou160505.jpg

かえこが「小判がざくざくかもしれないよ」というので、
PCモニターでいじっていると穂が黄金色のように光ってきました。

Mhimekobansou-2.jpg

「かえちゃんざくざくなってきたよ」というと、
「すごい、おもしろーい」といって大喜び。
MMkaeko0905-M1.jpg
そして、
「押し花にしておいたらざくざく貯まるかもしれないよ」と。

「そんなことはない、、、、」と思いつつ、そっと一株採取し百科事典に挟むわたし。






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0